啓翁桜

c0334718_08322419.jpg
ちょっと前ですが、従姉が啓翁桜を送ってくれました。
『赤ちゃんの世話で今年は花見にもゆっくり行けないだろうから、せめてこの桜で楽しんで!』という、本当に嬉しい心遣いです。

咲いた桜を撮ってみようとしたのですが、やはり花をモノクロで撮ることがどうしても出来ませんでした。
そもそも花の色に惹かれて撮っているので、モノクロにすること自体が間違いなのでしょう。

しかし、モノクロでも非常に素晴らしい桜の写真を撮っておられる方は確かにいらっしゃいます。

そのような方々との違いは何なのか、もっと真剣に考えないとモノクロに限らず写真そのものが向上しないと思いました。

EPSON R-D1x/C Sonnar T*1.5/50 ZM/Photolier 1.22/LR 5.7

[PR]
by RoyScheider11 | 2018-03-29 08:31 | EPSON R-D1x | Comments(4)
Commented by dialogue2017 at 2018-03-30 12:25
こんにちは。
拙ブログに頂きましたコメントに詳しい返信を差し上げました。
実は、私はこの写真はとても好きなのです。
私はR-D1sを使っていますが、こういう綺麗な色合いの写真を撮った試しがありません。
R-D1はもの凄く難しいカメラだと思います。

R-D1で良い写真を撮る鍵はレンズだと考えています。
良い結果を出すレンズのひとつがC Sonnar T*1.5/50 ではないかと睨んでいたのですが、
この写真を拝見して、やはりそうだったかと思いました。

差し上げました拙ブログへの返信に詳しく書きましたが、
この写真の明るさはこれでもありなのだと思います。
ただ、私の手元のMacBook Proのモニタで拝見した限りではやはり幾分暗い気がします。

でも、些細なことです(些細なことで写真は大きく変わりますが)。
この写真が素敵な写真であることに変わりはありません。
ご自身で、いろいろと弄ってみたら良いと思います。
セミグロスのペーパーに顔料インクのプリンターで出したら綺麗なプリントが出来ると思います。

私も、C Sonnar T*1.5/50 買おうかな〜(笑)。
でも、私のR-D1sは距離計が壊れちゃったのでパンフォーカスでしか撮れません。
いま私のR-D1sは「写ルンです」になっています(https://dialogus.exblog.jp/26819870/)。
パンフォーカスではC Sonnar T*1.5/50 の意味ないですからね〜(笑)。
Commented by RoyScheider11 at 2018-04-03 07:37
> dialogue2017様
返信が遅くなり、誠に申し訳ありません。
週末は娘にトラブルが発生、昨日から私は体調不良と、心を落ち着かせてコメントの返信が出来ませんでした。

今回私からのコメントに大変熱のこもった返信を複数回にわたりして頂き、本当にありがとうございました。私にも理解できるように平易な言葉を使って頂いたと感じました。御配慮痛み入ります。

私はレンジファインダー機を使うのはR-D1が初めてです。
とても使いこなしているとは言えませんが、おっしゃる通り非常に難しいカメラという印象は私も持っております。

C Sonnar T*1.5/50 ZM(以下Cゾナー)を最初のレンズとして選択したのはセイケトミオさんの影響ですが、『(金額的に無理をしても)このレンズにして良かった!』と思いました。
私はレンズの知識も語彙も乏しい為、このレンズの写りに関して的確な言葉で表現出来ないのですが、何か変というか不思議な感じがするのです。
レンズは個人の好みも大きく左右すると思いますが、Cゾナーが私にとって好ましい写り方をするものであるのは間違いないです。

この写真の明るさについて『これでもあり』と言って頂き、本当にありがとうございます。桜の色に惹かれて撮ったものですが、やはりdialogue2017様の御指摘通り桜を主題とするのであれば、もう少し明るくすべきだったと改めて思いました。

また、『人間の眼が一番先に向くのは写真の中の明るい部分』という基本中の基本を御教授くださり、大変感謝しております。
この窓明かりも確かに美しいと感じてフレーム内に入れましたが、その時点で桜と窓明かりという主題が2つになってしまっていることがそもそも問題だと思います。『何を伝えたくてその写真を撮ったのか』『それを伝えるにはどのような光が良いか』桜は花瓶に生けてあった為、いくらでも工夫することが出来ました。少なくともモノクロ写真に取り組む者なら、何も考えず光をないがしろにすべきではないとの御指摘、とても胸に染みました。
勧めて頂いたようにいろいろ弄ってみたり、プリントしてみようと思います。

dialogue2017様のR-D1sは距離計が壊れてしまったのですか。dialogue2017様であればCゾナーのボケも見事にコントロールされた、素晴らしい写真を撮ることが出来ると思うだけに、非常に残念です。
Commented by RoyScheider11 at 2018-04-03 07:42
>dialogue2017様
コメントが長すぎて最後まで入りきりませんでしたので、追記致します。

私はCゾナーでパンフォーカスの写真を撮ったことがありません。今度はパンフォーカスでも撮ってみて、開放付近との描写と違うかどうか確認してみたいと思います。

長文及び乱文・乱筆、失礼致しました。
Commented by dialogue2017 at 2018-04-04 13:38
こんんちは。
大変丁寧なお返事ありがとうございます。
娘さんのトラブル、そして貴方の体調は回復されたでしょうか?

北海道の写真家・飯塚達央君とは10年を超える付き合いですが、
彼は10年以上前からEPSON R-D1sを使っているのですが、
滅多に良い写真が撮れないカメラだと言っています。
しかし、たまにとびっきり素晴らしい写真が撮れるので、
どうしても手放せないとも言っています。

私はR-D1sで納得いく写真が撮れた試しがありませんでした。
しかし、壊れた後に1度だけ使った際に、
このカメラにはどういう「被写体」が向いているのか、
その被写体との「間合い」をどうとれば良いのかにやっと気がつきました。
怪我の功名です(笑)。

RoyScheider11さんが難しいカメラで写真に挑戦することを素晴らしことだと思います。
これからもR-D1xにC Sonnar T*1.5/50で撮り続けて下さい。
一台のカメラ、一本のレンズで沢山撮るというのは理想的なことだと思います。

次の写真、楽しみにしています。

追記。
このエントリーの一つ前のエントリーの圧力鍋の写真はとても綺麗に撮れていると思います。
ちなみに、私は圧力鍋でよく料理を作ります。

※このコメントへのお返事は不要です。


<< 御無沙汰しております。 猫に胡桃を預ける >>