井の中の蛙 大海を知らず、されど…

c0334718_08355788.jpg
妻と一緒に出かけて、外食をする機会があります。行楽やレジャー・ショッピングで出かけるのなら良いのですが、全て“諸事情”関係での外出です…。

その際、店内で何かめぼしい被写体はないかと探してみます。しかしランチタイム等でお店が混み合っている時は、写る範囲にいらっしゃる方々全員に撮影許可を頂く訳にもいきません。

結局、照明や部屋の上方向等の「他のお客様や店員さんが写らないところ」を撮っています。
今回もそのようなシーリングファンの写真です。

また、今回は僅かですが現像時に初めてトーンカーブを調整してみました。まだ手探り状態ですが、非常に難しく奥が深いように感じました。
これからもいろいろ試してみたいと思います。

EPSON R-D1x/C Sonnar T*1.5/50 ZM/Photolier 1.22/LR 5.7

[PR]
by RoyScheider11 | 2017-09-12 08:34 | EPSON R-D1x | Comments(4)
Commented by surgeon24hrs at 2017-09-12 22:13 x
おはようございます。

これは雰囲気のあるファンですね!
Commented by RoyScheider11 at 2017-09-13 07:51
> surgeon24hrsさん
おはようございます。
今回もコメントを入れて頂き、本当にありがとうございます。

そうですね。こんなシーリングファンが自宅にあったら、部屋の雰囲気も変わっておしゃれになるのになぁ…と思いながら撮りました。

目の前の妻にそんな話をしたところ、『電気代のムダ』と一蹴されてしまいましたが(笑)。

妻は経済的・機能的なことを追求するかと思えば、おしゃれ・デザイン性も決してないがしろにしていい訳ではない時もあり、いまだに考え方の軸がよくわかりません。
Commented by halu-0623 at 2017-09-13 11:39
こういったシーリングファンがゆっくり回る場所でいただくお茶は、尚美味しく感じるでしょうね^ ^

このように躍動感ある写真にするには、シャッタースピードを落とせば撮れるのでしょうか?
Commented by RoyScheider11 at 2017-09-13 14:21
> mineさん
いつもコメントを入れて頂き、誠にありがとうございます。

そうですね。料理もボリューム満点かつ美味しかったのですが、店内も綺麗で店員さんのサービスも良く、お値段はちょっと高めでしたが非常に満足感の高いランチとなりました。

>…シャッタースピードを落とせば撮れるのでしょうか?
はい、シャッタースピードをある程度落とす必要があります。
写真に記録されていたシャッタースピードを確認したところ、1/30秒で撮っていました。
この時は普通に撮影してみると回転中の羽が完全に静止しているかのように写っていた為、シャッタースピードを徐々に落としていきました。

しかしシャッタースピードを落とし過ぎると、今度は手ブレが心配になってきます(※R-D1xには『手ぶれ補正機能』なんて親切なものはありません(笑))。

両脇をしっかり締める、カメラや身体を押し付けて固定できる所がないか探してみる等、様々な方法で手ブレしないように撮るしかありません。。

一番手っ取り早いのはテーブルの上に小さい三脚を立ててしまうことなんですが、おしゃれな場所だとさすがに抵抗がありますね(笑)。


<< 光強ければ影また強し 籠の鳥 雲を慕う >>