近くて見えぬは睫

前回からの続きです。

c0334718_01381768.jpg

何気なく撮影してみたところ、特に大きな問題は無いように見えます。
上の写真は開放で撮ったもので四隅に周辺減光がありますが、これはdp2 Quattroでも同様で、F8程度まで絞り込んでいけば目立たなくなります。

ひとつ気になったのが、中央の線がやや傾いて写っている点です。
補助線を表示しながら垂直となるように撮ったはずだったのですが、撮影時に傾いてしまったのでしょうか。

そこで作例記事でよくあるように、壁面を撮ってみました。
c0334718_01413093.jpg

今時なかなか見かけない糸巻き型の歪曲が出ています。
FT-1201はテレコンでありながら光学的な影響がほとんど無いという、正にdp3 Quattro専用に設計された、非常に高性能な製品です。
やはり、それを強引に旧DP2に使うのは普通に考えれば大変無理のある行為なのでしょう。

それよりも私を驚かせたのが、またしても画像が左に傾いていたことでした(※上の画像は歪曲参考用として、傾いていないものを添付しています)。

今回は壁面の垂直を確認し、カメラにも水準器を取り付け、MFで画面を拡大表示した上で補助線に合わせました。
にもかかわらず傾いた画像がデータとして出てくるということは、カメラ内のセンサー自体がわずかに傾いているのではないでしょうか。

念の為、FT-1201を外してみても傾いたままで、もう一台所有しているDP2xでも同様に撮影してみたところ、傾きはありません。
やはり普段使ってきたDP2xのみが傾いて写ってしまう、という結論に至りました。

一体いつから傾いていたのか全く不明ですが、それにずっと気付かずに撮影を続けていた自分の鈍感さにも呆れかえるばかりです。

SIGMA DP2x+FT-1201/SPP 5.5.3/LR 5.7
(※ステップアップリング:46mm→58mm使用)

[PR]
by RoyScheider11 | 2017-04-30 01:23 | DP2x | Comments(2)
Commented by pipopapo-d at 2017-05-13 13:34
こんにちは。
いつも真摯に写真と向き合われて、背筋が伸びる思いで拝見しております。
DP2xを2台お持ちなのですね。そちらにも驚きました。
Commented by RoyScheider11 at 2017-05-13 15:48
> pipopapo-dさん
コメントを入れて頂き、本当にありがとうございます。

もう一台のDP2xですが、万が一の為の予備機として購入はしておりました。
私がDP2xを知った時には既に新品は販売されておらず、最初のものも中古品なのですが非常に気に入ってしまい、『これは中古でもいいものが出回っている内にもう一台手に入れたい!』と思って入手致しました。

諸事情でゴールデンウィークも何処にも出かけられなかった為、最近は写真をほとんど撮れておりません。
このような状態で写真と真摯に向き合っているのか、はなはだ疑問ではあるのですが、これからも写真を撮り続けていきたいと思います。


<< 自分にとって『写真を撮る』こと FT-1201 >>