光明

c0334718_08111625.jpg
非常に示唆に富む話を数多く聞くことが出来ました。

2/17(土)に行われたマップカメラ主催のスペシャルトークイベント『ライカを使う理由、選ぶ理由』です。
本当に時間調整が大変だったのですが、どうにかこうにか予定をやりくりして参加しました。

最初は不純な動機がきっかけでした。
イベント参加者には1954~1980年代に誕生した歴代Mマウントレンズが紹介されている限定ムックが配布される、というのが参加を後押しした大きな理由です(※実はライカのレンズについてまとめた資料をほとんど持っていなかったのです)。

ただ、イベント自体に全く興味がない訳でもありませんでした。
ゲストとして呼ばれた5人の写真家は皆ライカを自分の仕事で使用しているとのこと。
失敗が許されないプロの現場で、何故あえてライカを使用するのか?(※確実に写真を撮って納めるのであれば、一眼レフかミラーレスのハイエンド機を使用するものだと思っていました)。
是非ともその理由を聞いてみたかったのです。

ライカを持っていないにもかかわらず、このようなイベントに参加してもいいのだろうかと躊躇する気持ちがない訳ではありませんでした。
しかし『旅の恥は掻き捨て』ではありませんが、逆に変わり者として注目されるだろうと半分開き直って、最終的に参加を決めました。

結果は大満足で、『思い切って参加を決めて本当に良かった!』と心の底から思いました。
50名の参加者の内、ライカを所持していない人は私も含めて3名程いました。予想通りその3名は『何故持っていないのか?』とゲストから理由を聞かれ、購入を強くプッシュされましたが(笑)。

このイベントで聞いた数々の言葉を私自身まだ完全には咀嚼できておりませんが、今後も写真を撮り続けていく中で本当の意味がわかる時が来るのかもしれません。

EPSON R-D1x/C Sonnar T*1.5/50 ZM/Photolier 1.22/LR 5.7

[PR]
# by RoyScheider11 | 2018-02-20 08:10 | EPSON R-D1x | Comments(2)

C Sonnar T*1.5/50 ZMのボケと写り方

c0334718_08193939.jpg
EPSONのR-D1xを購入して、『さあ、次はMマウント(もしくはLマウント)のレンズだ!』となった際に最有力候補だったのが、現在使用しているC Sonnar T*1.5/50 ZMです。

このレンズで写された写真を様々なブログでも拝見致しましたが、本当に不思議な写り方をすると常々感じておりました。正直な所かなりの予算オーバーだったのですが(笑)無理をして手に入れました。
c0334718_08205426.jpg

実際に自分でも使用して気付いたのは、想像以上にボケが美しいということです。
ただ、私はそれまで明るさがこのクラスのレンズを本格的に使用したことがなかった為、新鮮に感じているだけなのかもしれません(笑)。
c0334718_08243444.jpg

また、ピントを合わせた被写体の写り方もちょっと変です(笑)。
“変”だなんて言ったら、このレンズをリバイバルして頂いたコシナの技術者や、元々のレンズを設計したベルテレ博士に大変失礼ですが、今の私の力ではこのレンズの描写について適切な言葉で述べることが出来ません。
今の私に言えるのは、この“変”な写り方が非常に好ましく感じるということだけです。

周囲からは“一風変わった人間だ”と評されることが多い自分ですが、そのようなところがこのレンズと上手く波長が合ったのかもしれません。
c0334718_08261061.jpg

果たしてこのレンズを『自分のもの』として使いこなせる日は訪れるのかわかりませんが、幸か不幸か次のレンズを購入する予算は全くもってありませんので(笑)、R-D1x共々じっくり使っていきたいと思います。

※今回の写真には既出の場所もありますが、ボケが気に入っているものを過去の写真からセレクトした為です。誠に申し訳ありません。

EPSON R-D1x/C Sonnar T*1.5/50 ZM/Photolier 1.22/LR 5.7

[PR]
# by RoyScheider11 | 2018-02-07 08:29 | EPSON R-D1x | Comments(5)

龍の鬚を蟻が狙う

c0334718_12445483.jpg
まさかの連投です(笑)

昨日は凄い雪の降り方でしたが、夕方に買い物に行かなければならなかった為、カメラを持って出かけました。

雪が降るという予報を聞いてからひとつ目論んでいたことがありました。

それは『雪がしんしんと降り積もる』様子を撮ることです。
私が今のカメラを手に入れたのは、4年前にセイケトミオさんの展覧会『West Pier』で雪の写真を拝見して衝撃を受けたからで、あのような写真がいつか撮れないものかと常々考えておりました。。

結果は“月とすっぽん”とは正にこういうことだなぁ(笑)と実感しました。

妻からは『同じ道具(カメラ)を使って結果がこんなに違うのだから、あなたはもう(趣味としての)写真は辞めた方がいいんじゃないの!?』とキツい一言を頂きました(笑)

EPSON R-D1x/C Sonnar T*1.5/50 ZM/Photolier 1.22/LR 5.7

[PR]
# by RoyScheider11 | 2018-01-23 12:34 | EPSON R-D1x | Comments(6)

サンタさんの忘れ物

c0334718_07350357.jpg
とんでもなく時期外れですが、昨年は入院中の妻を見舞う道すがら、こんな写真も撮っておりました。

昨日は関東にも凄まじい雪が降り、交通網も大混乱となりましたが、サンタさんもそのどさくさに紛れて取りに来たかもしれません(私)

EPSON R-D1x/C Sonnar T*1.5/50 ZM/Photolier 1.22/LR 5.7

[PR]
# by RoyScheider11 | 2018-01-23 07:22 | EPSON R-D1x | Comments(0)

忙中有閑

c0334718_08314377.jpg
これは昨年妻に切迫早産の恐れがあって、入院中に病室で撮ったものです。

妻を安心させる為毎日短時間でも見舞いましたが、忙しいとこのような何気ないものが突然美しく感じられるのが不思議です。

でも今から考えると、この時期の忙しさなんてまだまだ序の口でしたね…(笑)。

EPSON R-D1x/C Sonnar T*1.5/50 ZM/Photolier 1.22/LR 5.7

[PR]
# by RoyScheider11 | 2018-01-15 08:31 | EPSON R-D1x | Comments(4)

How nice to be able to hold you in my arms!

c0334718_08321604.jpg
永らく間が空いてしまいました。かなり久しぶりのブログ更新となります。
c0334718_08334312.jpg
先のスレッドのコメントで軽く触れておりましたが、昨年11月末に娘が誕生しました。
c0334718_08345998.jpg
しかしそれが遥か昔に感じられる程、生まれてからの日々は忙しかったです。
c0334718_08360840.jpg
出産までもいろいろトラブルはあったのですが、それらがウォーミングアップ(笑)と思えるぐらい出産後の方が大変です。
c0334718_08370786.jpg
『子供がいる方々は皆このような忙しさを乗り越えてこられたのか…』と思うと、外で子供連れの御家族を見かける度に胸がいっぱいになります(笑)
c0334718_08375935.jpg
娘の写真も撮っているのですが、撮りまくっている中から選ぶのがまた一苦労で、今回も同じような写真から絞り込めませんでした。
c0334718_08390069.jpg
次の更新はいつになるのか、全く見通しが立ちませんが、何とか写真を撮り続けていきたいと思います。

EPSON R-D1x/C Sonnar T*1.5/50 ZM/Photolier 1.22/LR 5.7

[PR]
# by RoyScheider11 | 2018-01-09 08:40 | EPSON R-D1x | Comments(7)

失われた灯

c0334718_07460437.jpg
しばらくは1ヶ月以上前の写真となってしまいますが、御容赦願います。

昨年、『』を撮影させて頂いたカフェを1年ぶりに訪れてみると、印象的だったランプがなくなっていました。
今年は昨年と異なるカメラ・レンズで撮れると思っていただけに残念でした。

そこで安直ですが別の灯りを入れて撮ってみたのが今回の写真となります。
今更ですが、『もうちょっと工夫は出来なかったのか?』と自分に対して苦言を呈すべきですね。

EPSON R-D1x/C Sonnar T*1.5/50 ZM/Photolier 1.22/LR 5.7

[PR]
# by RoyScheider11 | 2017-11-16 08:25 | EPSON R-D1x | Comments(4)

光強ければ影また強し

c0334718_11122381.jpg

EPSON R-D1x/C Sonnar T*1.5/50 ZM/Photolier 1.22/LR 5.7
[PR]
# by RoyScheider11 | 2017-11-11 11:11 | EPSON R-D1x | Comments(4)

井の中の蛙 大海を知らず、されど…

c0334718_08355788.jpg
妻と一緒に出かけて、外食をする機会があります。行楽やレジャー・ショッピングで出かけるのなら良いのですが、全て“諸事情”関係での外出です…。

その際、店内で何かめぼしい被写体はないかと探してみます。しかしランチタイム等でお店が混み合っている時は、写る範囲にいらっしゃる方々全員に撮影許可を頂く訳にもいきません。

結局、照明や部屋の上方向等の「他のお客様や店員さんが写らないところ」を撮っています。
今回もそのようなシーリングファンの写真です。

また、今回は僅かですが現像時に初めてトーンカーブを調整してみました。まだ手探り状態ですが、非常に難しく奥が深いように感じました。
これからもいろいろ試してみたいと思います。

EPSON R-D1x/C Sonnar T*1.5/50 ZM/Photolier 1.22/LR 5.7

[PR]
# by RoyScheider11 | 2017-09-12 08:34 | EPSON R-D1x | Comments(4)

籠の鳥 雲を慕う

c0334718_08162258.jpg
“諸事情”での用事ではあるのですが、久しぶりに単独で外出する機会がありました。

これ幸いとカメラも持っていったのですが、あまり手応えのある写真は撮れず、結局地元に戻ってから撮ったのが今回の写真です。

今年はもう秋になってしまった様な感じで、『夏の終わり』がなかったようにも思えます。暑いのはもう勘弁ですが、ちょっと寂しいです。

EPSON R-D1x/C Sonnar T*1.5/50 ZM/Photolier 1.22/LR 5.7

[PR]
# by RoyScheider11 | 2017-09-07 08:17 | EPSON R-D1x | Comments(4)